子どもを読書好きにする苦楽園読書くらぶ

素読のススメ

素読のススメ

文字サイズ:

『仮名論語』とのであい

昨年の4月から塾では授業の前に塾生全員で『仮名論語』を素読(意味を考えることなく、音読のみをすること。)しております。以前から素読に取り組みたい と考え、教材をさがしておりました。

一昨年、お遍路のご縁で論語普及会の常任理事宮武清寛さんの紹介をうけ、『仮名論語』を知ることとなり、すぐに論語普 及会の会員になりました。そして、宮武さんには2ヶ月に一回、塾が主催する論語素読会の講師になっていただいております。

この『仮名論語』は論語普及会がだれでも簡単に素読できるようにと発刊したもので、全文を読み下し文にし、全漢字にふりがなをつけてあるので、小学生でも 比較的容易に素読ができます。

論語は孔子による儒教の教えを伝える書物で、日本では昔からひろく教養書として親しまれ、日本人の魂を培ってきました。聖徳 太子が創案した十七条の憲法の「和をもって貴しとなす」はこの論語からその言葉を引用しているものと言われています。

また、切磋琢磨・温故知新等のなじみ の深い四字熟語もこの論語からの出典とされています。

音読することの効用

さて塾での素読ですが、私が文章の句点のところまで音読し、子ども達がそれに続けて音読します。2ページ読み2回繰り返します。所用時間は約5~6分。週 2回のペースだと1年半で論語全20巻を読破できます。

現在2回目の素読に入り、当初たどたどしく読んでいた子ども達も力強く、正確に読めるようになって きました。まさに『継続は力なり』です。

音読は字を「目で追い」それを「音声化」し、その「音声を聴き」、正確に読んでいるか「チェック」し、間違っていれば「修正しながら」さらに音読をつづけ る、という5つ以上の動作を同時に行っていますから、脳はフル稼働です。

ちなみに音読は東北大学教授の川島慶太先生は「脳の活性化」に著しい効果をもたら すと結論づけています。パソコンでよく言われるマルチタスクをこなしているからでしょう。

そういう意味では、音読は子どもにとって決して易しいことではな いと言えます。このことは通説となっている「音読のしっかりできる子どもは学力が高い」ことの一つの裏づけになるのではないかと思います。

また、いつも脳を若々しくしていたい年配の方にも素読は極めて有効です。私はこの11月で六十才になりましたが、ここ数年子ども達から、しゃべる時に「先 生かんでる」と指摘されることがありました。

ところが、昨年仮名論語の素読の先唱を始めて、「言葉をかむ」ことがなくなっていることに最近気がつきまし た。子ども達から「先生かんでる」との指摘が全くないのです。

さらに、お寺で法要があった時、ご住職から御経がじょうずになられましたねとおほめの言葉を いただきました。これも、論語素読の効用だと思います。

ともに人は、他人から指摘を受けて、はじめて自分の事が分かるという経験でした。子どものためと始 めた素読ですが、私にとっても大変良いことを実践していたことになります。

α読みとβ読み

ご存知のように、音読にはα読み(既知読み)とβ読み(意味の分からない文章を読む)があります。教科書は前者、『論語』は後者の読みになります。

幕末の 思想的支柱となった吉田松陰先生、ノーベル賞受賞者の湯川秀樹博士はともに幼少のころ四書五経を素読したと言われていますが、これはβ読みにあたります。

β読みの良い点は一字一句の文字をしっかり見ないと、またしっかり聴かないと音読できないことです。このため、集中力がつき、さらに初めて出会う文章に対 する恐れがなくなり、ふつうの文章を読むことが非常に楽になります。

さらに、本を読むためには数多くの音読の経験が必要であることからも、音読することの 意義はきわめて大きいと言わねばなりません。

学習の基本は先生の話を聴くこと、テキスト・問題の文章をしっかり読みこむことです。この力を伸ばせば学力は 自然と上がってきます。詳しくは、「読書をするということはどういうことか」「音読について」をお読み下さい。

日本人の道徳心と論語

話は変わりますが、最近食品企業の不祥事が頻発しています。「ミートホープ」「比内鶏」さらに「赤福」「白い恋人」「船場吉兆」という有名ブランドでさえ、偽装、改ざんが明るみになりました。

教育界でも高校の「教科未履修問題」「スポーツ特待生問題」「水増し合格発表」が問題となりました。極めつけは社 会保険庁の「年金」問題で、国民に対する裏切り行為としか言いようがありまん。

日本人の道徳心は一体どこへいってしまったのでしょうか。この悪い連鎖を 断つ方策を早急に考えなければなければなりませんが、根本的には子どもの教育にその答えを求めねばなりません。

この激動・流動の時代に流されることのない人としての根幹となる規範を子どものころに教えることが必要なのです。そして、その規範は日本人が今まで大切にしてきた古典に多くを求めることができます。

その古典の中で、『論語』は人としての正しい生き方を学ぶため、時代に関係なく読み継がれてきた、優れた書物 です。子どものころには分からなくても、素読を通して人として大切なことを刷り込んでおけば、大人になってから様々な経験をつむことで、自らの規範を身に付けていくことができます。私は論語の素読を日本の将来を担う子どもの育成に活かしていきたいと考えています。

トップにもどる
どくしょ通信にもどる

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional