子どもを読書好きにする苦楽園読書くらぶ

間伐杉手廻しオルゴール

丹波篠山間伐杉手廻しオルゴール(M・M・B)

苦楽園読書くらぶは、子どもの読書活動推進を本来の業務としています。その傍ら、物霊(ものだま)を持った優れた品・製品を見出し、世に送り出すことを通じて、多くの人々に豊かな生活を送ってもらうことを目標にして、活動しています。

丹波篠山間伐杉手廻しオルゴールについて

本オルゴールは間伐杉材を活かした物作りの一環として企画されたもので、

日本で間伐杉材を使った初めてのオルゴールです。

  • 本品は丹波篠山産の間伐材を使用して作られた手回しオルゴールです。
  • 間伐材を使用しているところに、本品のコンセプトがあります。
  • 間伐材の流通を促し、我が国の眠れる財産である森林の整備の促進に少しでも寄与したい
    との想いから、製作されたものです。

まずはどんな音がでるか、試聴して下さい。

丹波篠山間伐杉オルゴール演奏(デカンショ節)

%{artist} - %{title} [%{album}], (%{year}) (%{time})
デカンショ節
Seek to %{time1} of %{time2} (%{percent}%)
  ---  
0:00

This is a normal list of HTML links to MP3 files, which jsAMP picks up and turns into a playlist.

いかがでしたか?

丹波篠山間伐杉オルゴール
  • 木の温もり、
  • あたたかい響きに
  • ココロが癒されませんか。

そうです。手回しオルゴールはまさに温楽器なのです。

オルゴールという語は

  • 元来オランダ語で、
  • 我が国では一般的な呼び名として使われていますが、
  • 欧米ではミュージック・ボックスという名称が使われています。
  • そんな背景から、本品はミラクル・ミュージック・ボックスと命名されています。
  • M・M・B(miracle musicbox)はその略称です。

手廻しオルゴールは、

  • 手廻しする人すべてが演奏者になれる音楽器としての優れた特長があります。
  • 家族団らんをはじめ誕生会・結婚式・様々な催し等、
  • 人の集まるところでみんなが楽しむことができます。
  • また、ミュージックカードには
    • クラシック
    • 童謡
    • ポップス
      等200曲が発売されており、様々な曲が楽しめます。
  • さらに、ミュージック・カード作成ソフトで、自分のオリジナルのミュージックカードを作ることができるので、オルゴールの楽しみが倍増します。
                                             

M・M・Bの3つの特長

(その1)オルゴール本体に間伐材を使用しています。

  • 森林整備に少しでも寄与できることを大きな柱に掲げています。

(その2)燻煙熱処理というバイオの技術を使っています。

  • 木の乾燥状態が悪い間伐材の欠点を補うために導入した技術です。
  • 燻煙熱処理は、
    • 木管楽器の製作にもよく使われており、
    • 木のパフォーマンスを向上させます。
  • 木の含水率の低減及びエイジングの促進により、高音での美しい伸びを向上させます。

(その3)塗装に安全・安心の自然塗料を使用しています。

  • 杉材の木目や風合いを損なわないような、クリアー塗装がなされています。
  • これにより、手垢の付着防止と撥水性が保たれます。
  • 使用されているクリアー塗料は
    • 植物由来の原料が使用されており、
    • 幼児向け玩具・遊具・家具の塗装に広く使われている塗料です。

オルゴール誕生の経緯

2009年私は、病後の快復を考えて転地療養として、西宮市から篠山市に移住しました。そして地域の活動の一環として、地域の住民の方々と獣害防止のノリ網の点検や補修のため、山に入ることが何回かありました。

西宮にいた頃、森林が荒廃していると本やニュースで知っていましたが、篠山に移住してそれが現実で、もっとひどい状態であることを知りました。荒れている山々を見て「もったいない」と常々思っていました。

私は昨年9月ある集まりで、宮崎市の飫肥杉(おびすぎ)を使った手回しオルゴールに出会いました。このオルゴールは宮崎飫肥杉再生プロジェクトの一環として作られたものでした。

先の「もったいない」気持ちとリンクして、いつしか「丹波篠山の間伐杉でオルゴールを作ることができれば・・・」と考えるようになっていました。

その考えが実現する出来事が、今春4月早々に、起こりました。それは、モンゴルの里でマリア味記子さん主催のマリアハーブ演奏会があり、そこでギター制作家の田中清人さんと出会ったことです。

田中さんはマリアハーブの製作を手掛けておられ、マリアハーブや古典ギターの説明のためこの演奏会にきておられたのです。田中さんに「間伐杉でオルゴールを作りませんか。」という話をすると、快く設計を引き受けていただきました。

そして、5月末には試作品が出来あがりました。

試作品は、従来のオルゴールの形とは大きくちがっていました。田中さんはギター作家ならではの発想で、底面の空間を広くすることで、「音が上に立ちのぼるような」柔らかい音を実現されたのです。

間伐杉はねんりん館を運営されている大山森林組合より提供していただきました。

燻煙熱処理は田中さんが楽器制作で使っておられる技術で、湖南市の野村隆哉研究所が研究開発をしています。所長の野村隆哉さんは当研究所を「楽器用材の拠点に」と考えておられ、心ある楽器制作家・ミュージシャンが多く集まっておられます。

スタッフ紹介

  • 試作品の製作・・・・田中清人さん(ギター作家、篠山市般若寺)
  • 間伐杉の提供・・・・平田信夫さん(大山森林振興会、篠山市大山)
  • 燻煙熱処理・・・・・野村隆哉さん(株式会社野村隆哉研究所、滋賀県湖南市)
  • 完成品の製作・・・・小島洋延さん(木工工房小島、篠山市野々垣)
  • 商品化全般担当・・・阿納 博(苦楽園読書くらぶ、篠山市藤岡口)

リンク集


バイオベルさんホームページ 宮崎飫肥杉オルゴールのメーカー  
http://www.bio-bell.com/index.html

マリア味記子さんホームページ「マリアミュージック」
http://www.mariamusic.jp

田中清人さんブログ 「ギター製作者の視点」
http://kiyond.blogspot.jp

野村隆哉研究所さんホームページ
http://homepage2.nifty.com/nsdswood/

ねんりん館さん 紹介ページ
http://tourism.sasayama.jp/

ナチョナルバックヤードさん  ショップ案内 
MMBに使用しているクリヤー塗料はナチョナルバックヤードさんに教えていただきました。
http://backyard.shop-pro.jp/

サウンドウッズさんホームページ
元気な森づくりをテーマに、森と街をつなぐ活動を展開しておられます。色々とアドバイスしていただきました。
http://www.soundwoods.net/


取材

神戸新聞2012年5月30日付け
ギター工房田中清人さん制作の手回しオルゴールの試作品です。今までにない斬新なフォルムです。音もすばらしい広がりのある響きです。miracle music box MMB の誕生です。本日、神戸新聞・丹波新聞の取材を受けました。4月8日に田中さんと「篠山の間伐材を使って手回しオルゴールを作ろう。」と決めましたが、ようやくキット製作の段階まできました。田中さんお疲れ様でした。(Facebookでのコメント)

画像をクリックすると拡大します。
神戸新聞
丹波新聞2012年9月3日付け
4月上旬、田中さんと篠山の間伐材でオルゴールを作ろうと決めました。5月の下旬、田中さん設計の試作品が出来あがって、その後私が製造・販売までを受けもちましたが、紆余曲折しながらやっと販売できるところまでたどりつきました。役割を果たせて、ほっとしています。丹波篠山間伐材オルゴールに携わっていただいた方々に、あらためて感謝しております。お疲れ様でした。皆さんとともに、本日丹波新聞の取材を受けました。(Facebookでのコメント)
丹波新聞

M・M・Bの価格

燻煙熱処理ありタイプ完成品本体(パンチ付き)  1組  16,800円(税込価格)

キャンペーン価格(10月31日まで)12,600円(税込価格)

ミュージックカード(7枚セット)1組   2,100円(税込価格)
(曲目)

  • デカンショ節
  • みやじま杜のささやき
  • さくらさくら
  • もみの木
  • ハッピーバイスデートゥーユー
  • ブランクカード(2枚)

    ※いずれもペピート(広島)さんの編曲によるミュージックカードです。
    ※ミュージックカードはお近くの販売店よりお求めください。
    ※都合により曲目が変更になる場合があります。

美麗収納箱(プレゼント用)  1,050円 (税込価格)

美麗収納箱
  • ご希望により美麗・堅牢な保管箱を用意しています。
  • 贈り物に最適です。
  • いずれも受注生産です。
  • プレゼント等の贈り物として考えられる場合、余裕をもってご注文下さい。

ご購入

ご購入までの流れ

  • ご注文の連絡
  • ご購入費用の確定
  • ご購入費用のお支払い
  • 商品の発送 
    という流れになります。

ご購入までの流れの詳細

Step1ご注文の連絡をいただきます。

  • 電話 (079)552-6922 
  • FAXでお申し込み
    • 注文書に必要事項を記入の上、下記番号に送信して下さい。
      FAX番号 (079)552-6922
    • 注文書は下のダウンロードボタンをクリックして入手して下さい。

Step2ご購入費用の確定

  • 注文書を元にご購入費用を確定し、
  • FAXまたはEメールにて、見積書を送らせていただきます。

Step3ご購入費用のお支払い

  • 現金
  • お振込み・・・指定の口座に送金をしていただきます。口座は見積書に記入しています。

Step4商品の発送

  • ご購入費用の入金確認後、商品を発送します。
  • 基本的に受注生産ですので、
    • 受注してから7~10日後の発送とお考え下さい。
    • 在庫があれば、早く発送できる場合もあります。
    • 納品の予定は受注後、FAXまたはEメールにて、ご連絡させていただきます。

オルゴール誕生までの歩み

  • 2011/9/10初めて木族飫肥杉手回しオルゴール(宮崎市バイオベル(株))に出会う。
  • 2012/04/08 マリアハーブ演奏会(モンゴルの里)で田中氏と初めてお会いする。篠山の間伐材で「オルゴールを作ろうプロジェクト」できる。
  • 2012/04/21大山森林組合より間伐材(20×100cm×4枚)提供。
  • 2012/04/23野村隆哉研究所に間伐材の燻製熱処理を依頼。
  • 2012/05/19田中氏へ大山森林組合よりの間伐材(20×100cm×4枚)持ち込み。
  • 2012/05/21~05/27田中氏試作品制作。
  • 2012/05/28田中氏試作品制作模様見学 3試作品出そろう。
  • 2012/05/30新聞社(神戸・丹波新聞)取材。
  • 2012/06/10田中氏試作品をもとに製作図面作成。工房小島の小島氏に提示。
  • 2012/06/12 工房小島の小島氏試作品製作。製作をお願いする。製品製作のメドがたつ。
  • 2012/07/09間伐杉の燻煙熱処理について野村研究所野村氏と面談。好条件にて燻煙熱処理していただくことになった。
  • 2012/07/13佐野紙器(京都)に保管箱試作品製作依頼。
  • 2012/08/12佐野紙器より保管箱試作品届く。保管箱入手の確保できる。
  • 2012/08/15賀茂泉酒造株式会社社長前垣氏(広島西条市)へ製品送付。納品第一号。
  • 2012/09/03丹波新聞社取材。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional